ドメインの移管に時間がかかった話

独自ドメインを複数持っています。
ドメイン管理会社が行っているキャンペーンを利用して、取得していました。

目次

管理が面倒になりました

キャンペーンを利用して少しお得に取得するのは良いのですが、複数の管理会社を利用することとなり、どのドメインを何処で管理しているのか、ややこしくなってしまいました。
そこで、分かりやすくするために移管を行い、管理会社をまとめることにしました。
更新時期に合わせて、少しずつ移管を行ったのですが、最後にひとつ残ったドメインがあります。

それが『.email』ドメインです。

所謂新ドメインと呼ばれるもので、比較的最近使えるようになりました。
これも安く取得出来るキャンペーンがあったので、取得しました。この時、気にしたのはWhois代行があるかどうかだけでした。

ところがこの.emailドメインは、移管が出来ないドメインだったのです。
加えて、私が集約先に選んだ管理会社は.emailドメインを取り扱っていなかったのです。
ちゃんと確認しなかった私がバカなのですが、この所為で.emailドメインだけが取り残されることになりました。
だからといって、この会社に再移管するのもどうかと思いましたので、しばらくそのままになっていました。

.emailドメインの取り扱いが始まりました

先月のことです。
移管先のメールマガジンで『.emailドメインの取り扱いを開始した』事を知りました。
一応、価格表を見てみたところ移管の欄に値段が入っています。

お千代

これは移管できるということです

.emailドメインを管理している会社の価格表も確認しましたが、こちらの移管欄も値段が記載されています。
いつからかは分かりませんが、移管できるドメインになっていたようです。

.emailドメインを移管することにしました

手順は、.comや.netドメインと同じです。

STEP
移管するドメインのWhois代行を解除して、AuthCodeを取得する

ドメインのロックをかけている場合はこれも解除します。

STEP
移管先で申請をする

移管するドメインとAuthCodeを入力して申請をします。
この時、1年分の更新料がかかります。

STEP
移管の承認をする

移管元から確認のメールが来ます。
そこに記載されているURLにアクセスして『承認』のボタンをクリックします。

STEP
移管完了

移管先から移管が完了したというメールが来ます。

手間も時間もさほどかからない作業のはずなのですが・・・。

完了しません

移管申請を行い、その日のうちに確認メールが届きました。
それに対して私も同日中に承認を行いました。
後は完了したというメールを待つだけなのですが、これが一向に来ませんでした。
移管先のマイページを見ても『移管作業中』のままです。

新ドメインだから時間がかかるのかと悠長に構えていました。
しかし、1週間が過ぎ、2週間が過ぎ、月が変わっても完了しません。
さすがにおかしいと思って、移管先に状況を説明し、どうなっているのかメールで問い合わせをしました。

その回答は……。

移管先の中の人

完了時期は上位レジストラ次第だからうちは何もできないの
承認してから5~7日で完了するからそれまで待ってね

でした。それに対して

お千代

それ以上の時間が経っているのに完了しないから聞いたんですけど?
手続きした日も書いてあるけどちゃんと読みました?

ということをオブラートに包んで再度問い合わせしました。

事態が動きました

移管先の中の人

ごめんなさい
さっきの回答は間違い
今担当部署で調査中でした
もうちょっと待って

という回答が即行できました。
これきっと『そば屋の出前』ですよね(^^;)
でもまあこれで正確な状況が分かるだろうと思いました。

そして翌日。
移管完了メールが届きました
それを追うように

移管先の中の人

調査の結果
システムの不具合で完了になっていませんでした
完了したから確認してください

というメールが来ました。
この内容だと不具合だったのは、移管先なのか上位レジストラなのか分かりません。
何故不具合が起きたのかも分かりません。
そこを突っ込みたい気持ちもあったのですが、自重しました。

時間はかかりましたが、なんとか無事に移管が完了しました。

結論

お千代

承認して1週間立っても移管が完了しないときは
さっさと問い合わせしよう

悠長に待っていたら、いつまで経っても解決しません。

よかったらシェアしてね!
  • 着せ替えデータが豊富に用意されています
  • SEOプラグインは必要ありません
Classic Editorをお使いの方にお薦め
  • 更新が頻繁で新しい機能も続々追加されています
  • 当サイトはSWELLで作成しています
ブロックエディタをお使いの方にお薦め

この記事を書いた人

杜の都に住んでいます。
いくつになっても好奇心だけはあります。

目次
閉じる