SWELLを購入しました

目次

SWELLって?

高性能な有料のWordpressテーマです。

調べ物のためにネットを浮遊していたところ、SWELLを紹介しているサイトにたどり着きました。
興味を引かれて公式サイトに行ってみました。

こちらのテーマの最大の特徴はブロックエディター(Gutenberg)に完全対応している事です。
ブロックエディターを使ってこそその実力が発揮されます。
WordPressに元から備わっているブロックもSWELL独自のブロックも記事を書きながら簡単に装飾を換える事が出来ます。
語彙力に乏しい私では言葉では旨く説明できません。公式さんが用意してくれた動画を見て頂ければよく分かるかと思います。

お千代

動画を見て使ってみたい気持ちがムクムクとしてきました

特に良いなと思った機能
  • リストの入れ子が簡単にできる
  • ブロック下の余白を簡単に変更できる
  • 吹き出しの装飾が簡単に変更できる
  • ステップブロックが使える

ありがたい事に無料お試し版も用意されています。
こちらをテスト用サイトに適用して色々と触ってみて使い勝手の良さを認識しました。

デメリットは

何と言ってもお値段でしょうか。
THE THOR、JIN、SANGOといったメジャーなテーマより少しお高いです。
このお値段をどうみるかは個人の判断でしょう。
私は払ってもいい、と思えましたので購入しました。

有料テーマはを使っています。
こちらも高機能で使い勝手の良いテーマです。
SWELLはとはある意味真逆のコンセプトのテーマですから、より使ってみたくなったのかもしれません。
ただ、にあってSWELLにない機能もあります。
そのうちのひとつが記事毎のmeta設定であり、GoogleアナリティクスやSearch ConsoleのID等の設定です。
これらについては同じ作者さんのSEO Simple Pack というプラグインを入れる事で解決します。
また、サイトマップや問い合わせフォームは別途用意する必要があります。

SWELLは2019に発表された新しいテーマであるということは、利用者が少ないということでもあります。
これもデメリットと捉えることが出来るかもしれません。

当サイトのテーマをSWELLに変更しました

デメリットも色々と考えた結果、当サイトのテーマをSWELLに変更しました。
いくつか持っているサイトの中でまずここを選んだのは、

  • 比較的色々な装飾を使っている
  • 記事数が少ない

からです。
テーマ乗り換え用のプラグインは用意されているのですが、全て手動でリライトしました。
乗り換え用プラグインについては、別のサイトで使ってみてその結果を記事にしたいと考えています。

乗り換え用プラグインが用意されているテーマ(2020.6.5現在)
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR
よかったらシェアしてね!
  • 着せ替えデータが豊富に用意されています
  • SEOプラグインは必要ありません
Classic Editorをお使いの方にお薦め
  • 更新が頻繁で新しい機能も続々追加されています
  • 当サイトはSWELLで作成しています
ブロックエディタをお使いの方にお薦め

この記事を書いた人

杜の都に住んでいます。
いくつになっても好奇心だけはあります。

目次
閉じる