【TIPS】SSLサーバー証明書の更新が失敗しました

目次

SSLサーバー証明書更新未完了のお知らせ

運用しているサイトのひとつについて、こんなタイトルのメールがレンタルサーバーから届きました。
レンタルサーバーが提供している『無料独自SSL』を利用しているのですが、文字通り更新出来なかったということです。

更新失敗の原因は

利用しているレンタルサーバーはです。
送られてきたメールには、次の更新のタイミングの他に『繰り返し更新が失敗する場合』について書かれていましたが、心当たりがありません。
ということで、メールに書かれていたリンク先を見てみました。

このページの中に『自動更新が繰り返し失敗してしまう原因と対処方法』があります。

  1. 設定ドメインのネームサーバーもしくはDNSレコードがエックスサーバーを参照していない
  2. 設定ドメインに対して、アクセス制限やリダイレクト設定が設定されている

件のサイトは2が該当していました。
趣味のサークルのサイトで、仲間内だけに見せたい部分にアクセス制限をかけていました。

手順
アクセス制限を解除する

の『無料独自SSL設定』のページでは、.htaccessのマニュアルページにリンクが貼られていますが、私が設定していたのは『アクセス制限』によるBASIC認証です。
こちらの設定を解除します。

ホームページ設定

サーバーパネルのページから『アクセス制限』を選択します。
そしてドメインの一覧から該当のドメインを選択します。

アクセス制限

アクセス制限を全て『OFF』にして更新します。
※ アクセス制限をOFFにしてもユーザー設定が削除されることはありません。

手順
手動でSSLサーバー証明書を更新する
ドメイン設定

サーバーパネルのページから『SSL設定』を選択します。
ドメイン一覧から該当のドメインを選択します。
『更新』ボタンをクリックします。
成功すると『更新』ボタンは表示されなくなります。

手順
アクセス制限をかける

サーバーパネルのページから『アクセス制限』を選択します。
そしてドメインの一覧から該当のドメインを選択します。

アクセス制限

制限をかけたいフォルダの『アクセス制限』の『ON』をチェックします。
更新して作業は完了です。

よかったらシェアしてね!
  • 着せ替えデータが豊富に用意されています
  • SEOプラグインは必要ありません
Classic Editorをお使いの方にお薦め
  • 更新が頻繁で新しい機能も続々追加されています
  • 当サイトはSWELLで作成しています
ブロックエディタをお使いの方にお薦め

この記事を書いた人

杜の都に住んでいます。
いくつになっても好奇心だけはあります。

目次
閉じる